ソフトバンクからの卒業

 引き続きiPhoneネタ。
 札幌の都心部で働いていますが、僕の3GSは電波状況が壊滅的で、まともにパケット通信が可能なのは、10回に2回くらい。
 どんなに電波状況が良い場所に居ても、突然圏外になるのはソフトバンクが悪いのか、iPhoneが悪いのか。
 いずれにせよ、ソフトバンクは使い物にならないので対策を考えてみました。
 まず、iPhoneの3Gパケット通信を禁止します。(こちらのページを参照
 つぎに、パケット定額のプランを変更します。
 iPhoneのパケット定額は2年契約でプラン変更が出来なかったのですが、昨年の12月21日から「パケットし放題 for スマートフォン」に変更できるようになったようです。(こちらを参照
 設定により3Gデータ通信は禁止されていますので、パケット料金はプランの下限である1029円になります。
 この変更により、ソフトバンクに支払う金額はホワイトプラン(980円)+S!ベーシック(350円)+パケットし放題 for スマートフォン(1029円)となり、月額使用料は、2359円+通話料+SMS利用料(通常0円)+(機種分割支払い分-月々割)となります。
 通話しなければ、月々2500円以下に抑えられますね。
 
 つぎにデータ通信環境を整えます。
 イー・モバイルやwimaxなどのモバイルルーターを導入します。
 おすすめは、UQ wimaxかな。
 1年契約なら月々3880円でネットを使いたい放題。
 モバイルルーターを持ち歩き、モバイルルーター経由でインターネットにアクセスします。
 実際の使用感ですがダウンロードなどには若干速度が不足しますが、通常のウェブ閲覧なら十分なスピードです。iPhoneの3G通信よりもはるかに高速です。
 さらに、こちらの機器追加オプションも併用すれば、4080円で自宅用wimaxルーター+モバイルルーターということも出来ます。
 同時にネットに接続することは出来ませんが、外出中は自宅のネット環境は不要なので問題ないですよね。
 これにより、自宅の光ファイバー解約できますので通信料の大幅節約が可能でないでしょうか。
 ソフトバンクの劣悪な電波状況に我慢し続けることはありません。
 iPhoneを通話のできるiPod touchとすることで、ソフトバンクから卒業です。
 
#この方法の唯一の欠点は、MMSが利用できなくなることですが、i.softbank.jpのアドレスが利用できるので致命傷ではないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です