ソフトバンクのiPhoneにトラブル

 ソフトバンクで契約しているiPhoneにトラブルが発生しているようです。
 症状は、

  1. 電話の着・発信が出来なくなる
  2. SMSの受・送信が出来なくなる

 というものです。
 相談にいったアップルストアの情報では、この症状は、3Gのパケット通信を禁止しているソフトバンクの個体のみに発生しているようです。
 iOS側の問題なのか、ソフトバンクの設備側の問題なのかわかりませんが、このトラブルはソフトバンクに限定して発生している模様で、現在のところ、auでは同様の症状は報告されていないようです。
 回避方法もわかっていて、電話の発信・着信ができなくなったiPhoneは、設定画面で、ネットワーク設定のリセットを行えば一時的に回復させることができます。
 iPadなどのiOSデバイスを複数所有しているユーザーは、モバイルルーターを使用している場合が多く、そのような場合には、パケット代節約のために3Gのデータ通信を禁止していることが多いと思います。
 しかし、この症状が発生したら、電話の着信が出来ませんので、3Gの禁止は気をつけたほうがよさそうです。
 特に問題なのは、症状が発生しているiPhoneに向けて電話を発信した側には通常通りの呼び出し音が鳴るので、電話の着信に対して無視しているように見えるということです。
 まったく、電話サービスとしては致命的です。
 友達を無くしそうですね。
 OSのアップデート待ちになるのか、ソフトバンクの設備改修待ちになるのか、すでにソフトバンク側にも症状は報告されていると思うのですが、いまのところなんの発表もないようですね。
 電話の着信・発信という基本的な機能のトラブルなのに、相変わらずのソフトバンクの体質のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です