ISHIYAさんには感謝するけれども

 ニトリの撤退に伴って、ISHIYAさんがスポンサー料の増額を申し出た旨の報道があった。
 チームの苦しいときに支援してくれるISHIYAさんには深く感謝するし、本当にありがたいと思う。
 北海道に、札幌に、ISHIYAさんがあって本当によかったと思う。
 
 
 それと同時に、ISHIYAさん以外にコンサドーレの支援に手を上げようという企業が(今のところ)現れていないことをとても残念に思う。
 コンサドーレに魅力を感じる企業が増えないと支援の輪は広がらない。
 チームがずっと存続していくためには、北海道に愛され、大切にされていかなければならない。
 
 何が必要だろうか。
 
 
 
 絶対にやってはいけないことはわかっている。
 戦う姿勢を決して失わないこと。
 
 
 どんなときにもひたむきに戦い、勝てても勝てなくても見ている者に勇気や力を与えること。
 そして、サッカーファンだけでなく、一般の人が見ていて面白いサッカーをすること。
 
 そういうことがきっと今、求められているんだと思う。
 
 
 
 
 選手もサポーターもクラブも各々が最大限の役割を果たしていかなければならない。
 
 
 ISHIYAさんの支援増額には少しだけ安心したけれども、ニトリさんの撤退には恐怖を感じたはず。
 今回感じた恐怖を繰り返さないために、自分自身もっと考え、行動していきたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です