2度追いついたこと

函館の試合。
 中断前にどうしても勝って勢いをつけたかったけれども、勝てなかったのは残念。
 けれども、試合を通じてみるとそんなに悪い結果でもないように思う。
 二点を失ったことはたしかに痛い。
 特に後半の立ち上がりの時間帯に失点したのはいただけない。
 
 ホームで勝たないでどこで勝つんだという意見もわかる。
 勝たなきゃ昇格できないんだという意見もわかる。
 しかし、二度追いついたことは評価していいのではないか、と思う。
 今年の札幌は、失点するとどこか自信なさげにずるずると最終ラインが下がることが多い。
 結果、中盤でプレスがかからず、相手に自由にボールを回されてしまうシーンが増える。
 しかし、愛媛戦では、最後まで攻め続け同点に追いつき、アディショナルタイムにはあわや逆転勝ちというシーンもあった。(最後の最後にポストに嫌われたが。)
 選手たちの気持ちが強くなければ、できないことだったと思う。
 これまで思うように勝てない中で、自分たちのサッカーや自信を見失っていたように見えたが、厚別、函館と、なにか雰囲気が変わってきている。
 選手たちが自信を持つことがもっとも必要だと思っていたので、この変化はうれしい。
 チームの成長と捉えてもいいと思う。
 元々札幌の選手たちは、一人ひとりを見ればJ2では贅沢なほどの選手がそろっているのだ。
 チームとしてきちんと機能するようになれば、まだまだ巻き返せる。
 現段階であきらめる必要なんかまったくない。
 ワールドカップの中断後は、サッカーに興味を持った新しいお客さんもスタジアムに来ると思う。
 そのとき札幌は自分たちの自信にあふれるサッカーを展開し、観客を魅了し、堂々と勝ち進んで欲しい。
 そうなるために、この貴重な中断期間を使って欲しいと思う。
 
 中断後は、僕らが嵐の中心になる。
 今年のJ2はまだ終わらない。終わらせるものか!
 大丈夫、前に進もう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です