Fly me to the moon

 ちょっとすてきな話。
 こんなキャンペーンの存在は知っていますか?

あなたの名前とメッセージを月へ届けます
2007年夏、H‐II Aロケットに搭載され、世界が注目する日本の月探査機「セレーネ」が打ち上げられる予定です。セレーネは、米国のアポロ計画(1969~1972)以来の本格的な月探査機です。目的は、月面全体を詳しく調査し、月の起源や進化を明らかにするための科学データの収集するほか、探査機を月の周回軌道へ投入してその姿勢を安定的に制御する技術等を実証することです。得られたデータは、将来の月利用計画にも利用されます。このように、セレーネは本格的な月探査への道を開く重要なミッションです。

 小惑星イトカワへの探査機を飛ばしたことも凄いですが、今回のセレーネ計画もなかなか凄い。日本の宇宙技術もたいしたものです。

セレーネ「月に願いを!」キャンペーンの目的は、この日本の月探査計画を広く世界の人々に知っていただき、同時にすぐれた日本の宇宙科学及び工学技術を理解してもらうことです。主催は宇宙航空研究開発機構(JAXA)、これに日米の惑星協会が協力します。昨年11月20日に、世界149ヵ国から寄せられた87万7490人の名前を小惑星イトカワに届けた探査機「はやぶさ」のキャンペーン「星の王子さまに会いに行きませんか」も、同じ協力で実施されました。月への願いと応募者の名前は、シートに印字されて探査機に搭載されます。

 インターネットからも手軽に応募できるので、僕も応募してみようかな。
 願いは当然・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です