案の定

 吉野家の牛肉輸入再開については、こちらのエントリーにて批判しました。

2008/04/23-20:53 米産牛肉に危険部位=吉野家の倉庫で発見-06年7月の輸入再開後初
 農水、厚生労働省は23日、牛丼大手の吉野家ディー・アンド・シーの倉庫内で、昨年8月に輸入した米国産牛肉(冷凍ばら肉)700箱のうち1箱にBSE(牛海綿状脳症)の危険部位の脊柱(せきちゅう)を含むショートロイン(腰部の肉)が混入していたと発表した。危険部位の混入が見つかったのは、2006年7月に米産牛肉の輸入を再開して以来初めて。
 牛肉の出荷元は、米食肉処理業者ナショナルビーフ社のカリフォルニア工場。大手商社の伊藤忠商事が輸入し、吉野家に転売した。
 吉野家が今月、保管していた埼玉県内の倉庫で検品した際、「冷凍ばら肉」と表記してある1箱の中に脊柱を含むショートロインが混入しているのを見つけた。店頭販売はされていない。
 米農務省が発行した衛生証明書にはショートロインの記載がなかった。両省は同工場からの輸入を一時停止し、米農務省に詳細な調査を報告するよう要請した。

僕は輸入再開後も一度たりとも吉野家の牛丼は食べていないからいいけど、食べちゃった人たくさんいますよね?
大丈夫かな?
まあ、人間いつかは必ず死ぬものだから、それが早いか遅いかの問題だといえばそうだけど、せめて食べるものの安全性は大切にして欲しいと思います。
お金儲けってそんなに大事かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA