秋春制のわかりやすい弊害

 報知新聞より

フィンランド戦前売り伸びず、観客動員ワースト更新も
 最低の試合をした岡田ジャパンが、観客動員最低記録を更新するピンチとなった。国際親善試合フィンランド戦(2月4日、東京・国立競技場)の前売り入場券の販売数が29日現在、わずか約1万9000枚であることが判明した。

 チケットが売れていないことには様々な要因があると思う。
 平日のナイトゲームであることも一つ。
 代表のサッカー(というか監督)に魅力がないことも一つ。
 
 一週間後の本番のための練習試合に過ぎないことも一つ。
 
  
 だけど、根本的な理由は、東京の2月に夜に開催されるゲームはとてつもなく寒いということに尽きると思う。
 
 
 国立は屋根もなく、防寒設備もない。
 いっそのこと雪でも降ればいいのに。
 
 
 犬飼氏も最近は秋春制をあんまり言わなくなったようだけど、国立競技場の貴賓室ではなく、ぜひ通常の客席で観戦して欲しいものだ。
(いや、もしかしたら言ってるけど、誰も相手にしなくなっただけかも。)
 
 秋春制に関する考察をしているブログ-スポーツナビ・キリタニブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です