藤田の右サイドバック起用

 大宮との練習試合で、藤田征也を右サイドバックで起用したとか。
 坪内が大分に移籍し、サイドバックをきちんと出来る選手が西嶋くらいしか思いつかず、きっと今年は3バックなんだろうと思いこんでいました。
 藤田征也を右のサイドバックに起用するとは、実におもしろい!
 彼のスピードにのった突破と鋭いクロスがたくさん見られるのであれば、こちらにとってはわくわくする、相手にとってはイヤ~な起用方法になりそうな気がします。
 少し気になるのは守備面。攻撃の役割が大きいと言うことはそれなりにリスクも負います。
 後ろのスペースを相手に使われたときの対処はやっぱり芳賀君の仕事なのかな?
 
 
 
 うまく表現できないのだけど、三浦監督のサッカーはフットボールのフットボール的な部分を可能な限り削ぎ落としていた印象がありました。
 サイドバックがきちんと攻撃参加するというだけで、フットボールが帰ってきたって感じがするのは僕だけでしょうか。
 
 
 走って、つないで、追い抜いて、撃ちまくる。
 そんなサッカーが見れればいいなって思います。
 
 
 クライトンをトップ下で起用するのもそう。
 両サイドバックやボランチの攻撃参加のためのタメをつくるという意図ですよね、きっと。
 石崎監督に代わって今年は少しおもしろいサッカーが見られそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA