ハードディスクレコーダー修復

 2年半くらい使ってきたHDDレコーダー。
 ある日突然、「ディスクをチェックしてください。」のメッセージが画面に表示されDVDドライブが使用不能になってしまいました。
 ネットで調べてみると、メーカーに修理を依頼すると3~4万円くらいかかりそうな雰囲気。
 
 
 「HDDレコーダーなんてどうせ、パソコンと同じだろう。」
 
 
 と思い、自力で修理することにしました。
 せっかく、もらった定額給付金をこんな用途に使うわけにはいかないし(笑)
 
 
 
 
 で、さっそくケースを開いて見ると、こんな感じ。
hdd2.jpg
 左側にマザーボード(その上にチップセットやCPUクーラーが見えます。)
 真ん中に鎮座しているのは、DVDドライブ。
 そして右側にハードディスクが見えます。
 
 
 DVDドライブはIDE接続、HDDはシリアルATAで接続されています。
 まさにパソコンと同じですね。
 
 
 このあたりをみると同じようにDVDドライブを交換している人が多数居るよう。
 さっそく駄目で元々で、家に転がっていた日立LG製のドライブ(GSA-4120B)と交換してみました。
 
 
 結論から言うと、見事に新しいドライブで動作しています。
 
 DVDに直接録画するのも問題なし。
 HDDからDVDにコピーするのも、ファイナライズも問題なしです。
 
 
 
 VRモードでの初期化もこのとおり。
hdd6.jpg
 
 ただ一つ不具合がありまして・・・・。
 それは、DVDのディスクが入っている状態でハードディスクレコーダーの電源を入れると、ER7061というエラーコードが表示されフリーズしちゃうこと。
 ファームウェアとDVDドライブの相性の問題でしょうか。
 ちょっと残念です。
 
(まあ、常時電源を入れたままにしておくか、電源を切るときはDVDディスクを抜くことを忘れなければ問題はないのですが・・・・)
 
 でも、家に転がっていた部品で修理できちゃったのでかかった費用は0円。
 時間は20分ほどでした。
 
 パソコンを自分で組み立てることが出来るスキルがあれば、誰でも出来る交換作業です。
 ドライブは新品を買っても4,000円ほどですから、 保証期間が過ぎている人は一考の余地ありかも。
 なお、自分で改造しちゃったらメーカーの保証は受けられなくなるので、その辺はオウンリスクで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です