雹と霰

 久しぶりに北海道に帰ってきた友人が、旭川に遊びに行きたいと言うものだから、土曜日の夕方から旭川へ行ってきました。
 旭川では、前にも書いた馬場ホルモンで、ダイエット中にも関わらずホルモン12人前をあっさり食べきり、こちらのダイニングバー(スポーツバーでもあるらしいです。)の怪しいイベントに突入したり、朝までカラオケで歌いまくったりと、大変楽しかったわけですが。
(念のために書いておきまけど、車で行ったので飲み物はウーロン茶ですよ)
 朝方4時半頃に旭川を出発して、6時過ぎに厚別に到着しました。
 札幌に戻ってくると異常な天気。
 1時間あたり30mmは降っているかという猛烈な雨に加え空から氷の粒は降ってくる。
 いつもの朝サッカーも出来ないかな?と思ったらあっさり晴れてきたりと、まさに秋から冬へ季節が移り変わっていくのを感じでした。
 空から降ってくる氷の粒。仲間内で雹(ひょう)や霰(あられ)の違いについて、話題になったので一応書いておくと、霰と霰は粒の大きさで区別し、霰は5mm以下のもの、雹はそれより大きいものとされているそうです。
気象庁:降水
 
 
 そんなわけで、天皇杯。
 天皇杯を余り戦いたくないチームもあったようですが、札幌としてはJ1と2回、3回と戦いたいわけで、鳥取戦は通過点である以上、求められるのは勝つことだけ。
 
 そんな状況で結果だけは出したって感じの試合でした。
 
 こういう試合で、試合内容が・・・とか、応援が・・・とかはちょっと違うかなと思っています。
 選手達もリーグ戦で同じような戦いをしてはいけないってことを百も承知だと思うので。
 
 ただひたすら寒かったね。
 
 
 
 
 来年は、J1昇格は目標ではなくノルマになります。
 そしてチームの目標は昇格することではなく、J1で互角以上に戦えるチームを作ること。
 J2を舐めているつもりはないけれども、昇格なんて当たり前で付いてくるものでなければならないと思う。
 
 
 だから、札幌にとって天皇杯の意味とは、去年J1に通用せず、今年石崎監督の指導を受けたチームが、どのくらいレベルアップし、J1のチームと戦っていけるのかを確認することであると思う。
 その相手がいまJ1で優勝争いをしている清水エスパルスであれば申し分ない。
 多くのサポーターが日本平に集って欲しいと思う。
 
 
 日本平ではいい未来を見せて欲しいよね。

One thought on “雹と霰”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です