6,359人

 厚別の2試合で積み上げた勝ち点はわずか2。
 どちらの試合も選手達の戦う気迫のようなものは痛いほど伝わってきたので、結果に結びつかなかったことは本当に残念だと思う。
 今期のJ2は、上位チームの勝ち点獲得のペースが高いだけに、追いつき追い越すのは容易ではない。
 だから、どうしても勝てないことに焦ってしまう人が出てくるのはしょうがないと思う。
 けれども、考えてみれば、もし負けていれば4位との勝ち点差は10に広がっていたはず。
 そうなるといよいよ厳しい状況になってくる。
 今回の引き分けも最低限の結果は残したと見るべきではないだろうか。
 幸い、首位との勝ち点差も広がっていないわけだし。
 
 だから、上位チームとの直接対決では絶対に負けないこと。
 下位チームとの対決では絶対に取りこぼさないこと。
 
 僕らはそうやって丁寧に戦いを積み上げていくしかない。
 
 
 
 そうやって丁寧に勝ち点を積み上げれば第2クールが終わる頃には上位5,6チームが大混戦・・・・なんて状況になっているのではないだろうか。
 
 
 第2クール以降は、下位チームも上位に一泡吹かせようといろいろ対策してくる。
 上位といえども思うように勝ち点は伸ばせないものだ。
 
 今節も大阪が徳島と引き分けて勝ち点を落としている。湘南や仙台は春先は調子がよいが夏以降調子を落としてくる。
 粘り強く戦い続けよう。
 
 
 
 気になるのは入場者数がわずか6,359人しか入らなかったこと。
 ドームの試合も開幕戦とゴールデンウィーク期間を除けば平均1万強しか入っていない。
 もちろん6,359人は今期最低の数字だ。
 
 
 選手達に勝てと言っている僕らは、十分選手達の力になれているのだろうか?
 もっともっと大勢のお客さんを集めて、スタジアムの雰囲気をつくるために出来ることがあるのではないだろうか?
 一人ひとりが考えてみたい。

希望

 サポーターのブログを巡回して、ヴェルディ戦の感想を見るかぎり、チームの驚くべき成長について触れていないところが多いのが気になる僕です。
 自分は驚きましたね。
 試合の99%、ヴェルディに何もやらせなかったのですから。
 
 
 大勝したセレッソ戦ですら、ここまで圧倒はしていないと思う。
 ヴェルディ戦は、「あの一瞬」を除いてピンチと呼べるようなピンチは一回もなかった。
 サッカーでここまで一方的な試合は他に記憶がない。
(普通はどれほど実力差があっても、相手の時間帯ってあるよね。) 
 
 
 相手のベルディはたしかに若手が多いチームとはいえ、決して弱いチームではない。
 しかも、ここ数試合は負けなしの好調を維持してきたチーム。
 
 
 それをああも圧倒したのだから、チームの成長を信じて良いと思う。
 
 
 それでも一瞬の隙でこういう結果になるのはサッカーの怖さ。
 
  
 勝てないとJ1には上がれないし、勝利が欲しいのは事実だけど、でも、希望を持って良いと思う。
 僕らのチームは第1クールでやりたいことが出来るようになってきたし、相手に何もやらせないことも出来るようになってきた。
 
 あとは、より速く動き、より強く戦い、より長く走れるようになればいい。
 僕らは悲観する必要はないし、選手達も引き分けという結果には満足していないのは当然だけど、きっと自分たちの力に手応えを感じていると思う。
 
 
 まだまだ今期のJ2は2/3も残っている。
 昇格圏との差はたった3ゲームしかない。
 
  
 
 僕らがすることは、あと少しだけのプラスαの力を引き出せるように、選手達を乗せてあげることだと思う。
 
 
 それだけで望む結果は手にはいるのではないだろうか?
 
 僕はそう信じている。
 
 さあ、上位陣に追いつき、追い越す第2クールだ。
 前を向いていこう。

厚別開幕

 いよいよ、厚別開幕ですね。
 今節は上位がそろって勝っているだけにしっかり勝って食らいついていきたいところです。
 
 前に予想したとおり、第2クールは、上位陣に追いつき追い抜いていく大事な時期です。第1クールの最終戦にきっちりと勝って、続く第2クールに向けて勢いをつけたいと思います。
 
 
 ところで、今日は事前準備で厚別に行ってきました。
 ネタバレできないのであれですが、ゴール裏B自由は隅々まで満席になって欲しい感じです。
 
 ポスティングとかチラシ設置とか、いろいろ頑張ってきたので、たくさんお客さんが入ってくれればいいなあ。
 
 明日の天気は、ピンポイント予報によると、朝まで雨は残るようだけど、午前中から晴れて最高気温は17度。ちょっと涼しい感じ。
 サッカーをやる方にとっても、応援する方にとっても、ちょうどいい天気でしょうか。
  
 
  
 
 以下余談。
 
 天気を確認するときには、いつもYahoo!のピンポイント天気予報を見るのですが、「札幌ドーム」の天気予報って必要なんでしょうかね(笑)

伝庄優

 札幌ユースの出身者である伝庄優くんのブログを巡回中のレッズサポの方のブログで発見しました。
 伝庄君、ブログやっていたんですね。
 Vファーレンで頑張っているようで安心しました。
 
 
 ところで、注目すべきはこのエントリー
 
 
 ・・・・そうか。
 ユースの頃の気持ち、まだ持っていてくれるんだね。
 
 
 
 いつか札幌に帰って来れればいいね。

まだまだ強くなる途中

 岐阜戦は快勝だったけれども、自分の中では手放しで喜べない感覚がある。
 
 まずは、あの日の岐阜の出来があまりに悪かったこと。
 前節の岡山戦とはまるで違う内容。若いチームだけに波があるのだろう。
 
 
 あの岐阜からだったらもう少し点が取れたような気がするし、相手に6本もシュートを打たせてしまったことは反省して良いような気がする。
 実際、ゴールポストに救われたシーンもあった。荒谷のファインセーブもあった。
 結果的に完封はしたけれど、これを本当に喜んで良いのかという気がする。
 
 
 
 また、9戦負けなしとはいえ、この間、上位との対戦はセレッソ大阪のみ。
 勝って当たり前とは言わないけれども、勝てないと悔しい相手ばかりでなかっただろうか。
 
 
 上位のチームが快走しているだけに、こんなところで取りこぼし出来ないという最低限の目標はクリアは出来ているけれども、それ以上でもそれ以下でもないような気がする。
 9戦負けなしはそう捉えるべきだろう。
 
 
  
 そして、強力すぎる4人の外国人の存在。
 僕らのチームは、彼らの活躍が目立つ中で、チーム生え抜きの日本人選手が(とくにメンタル面で)どれくらい伸びているのか見えずらい。
 
 
 
 こういった状況を総合的に考えると、楽観的になっていい状況とはとうてい思えない。
 
 次節は好調な水戸。さらに東京ヴェルディ、甲府と続く。
 これからが本当の戦いと考えて良いと思う。
  
  
 
 僕らはまだ何も得ていない。
 J1昇格することももちろん必要だけど、上でどのように互角以上に戦っていくかこそ考えなければならない。
 そう考えたときには、J2で9戦負けなしくらいで満足できないよね。

残念な引き分け

 徳島戦は3-3。非常に残念な結果でした。
 
 
 3点取りながら勝ちきれなかった愛媛戦、自分には4月29日、あの3-0から2点取られた試合のリプレイのように思えました。
 
 
 キリノのゴールで3-1にした段階で安心してしまったのでしょうか。
 コンディションの問題(暑さ、連戦の疲労)はあるでしょうけど、試合終了の笛がなるまでは勝ち点3はもらえないんだって事を、僕らは改めて学習する機会になってしまいました。
 
 
 思えば愛媛戦、試合終了後に、「勝ったことでとりあえずOK」という選手の迎え方をしてしまったゴール裏にも問題があったかも知れません。
 本当にJ1昇格を狙うのであれば、あのような試合は確実に勝ち点3をとらなければならなかったはず。
 
 3-0から2失点したことを不問にしたゴール裏。
 あの2失点から結果的に学ばなかった形になった選手達。
 
 まだまだ学ばなければならないことはたくさんありますね・・・・。
 
 
 
 上位4チームは順調に勝ち点を伸ばしていますが、それでも、残り37試合もあります。
 ここはきっちり切り替え、修正すべきは修正しなければ。
 
 テレビの前で油断していた僕らも、修正は必要ですよ。

栃木戦

 仲間のブログですが、とても感動したので本人に無断で(笑)紹介します。
 赤黒地獄

我が息子は,2点を取られてから「もう終わったね」と口にしました.
余程悔しかったのでしょう.何度も「もう無理だよね?」と聞いてきました.
「無理だと思った瞬間に試合は終わるよ.選手達をよく見ろ.ゴール裏で揺れている人たちをよく見ろ.あそこで手を叩いて応援している小さい子をよく見ろ.諦めているか?パパもまだ諦めてはいない.厳しくても諦めないのが勝負のルールだ.自分で諦めるのは勝手だけど,こんだけ頑張っている人がいる場所で二度とそんな事を言うな」と言いました.
ひょっとしたら自分は自分に言い聞かせていただけかも知れません.その後,息子は言葉をほとんど発しませんでした.
3点目が入ったときには喜んでいましたが,試合後の表情は悔しそうにみえました.
それでなくてはいけないと思います.
勝負を諦めた者に勝利の喜びはないのだから
いい勉強になっていることを祈っています.
昔からよく言いますよね.
フットボールは少年を男にするって.

 リアル安西先生ですね>Nさん
 息子さんはいい父親を持ったと本気で思います。

定額給付金の使い方

 いよいよ札幌市でも至急手続きが始まるようです。
 リンク
 さて、使い道ですが、どうしましょう。
 アウェイ遠征?
 グッズ購入?
 
 
 サポーターとしてはコンサドーレ札幌のために多くの人に使ってもらいたいところです。
 というわけで、コンサドーレ札幌も、『定額給付金フェア』とか言って、便乗すればいいのにね。
 
 
 たとえば、レプリカユニフォームを12000円で販売するとか、ドームシーズンパスを12000円で販売するとか。
 
 矢萩さんのことだから、何か企画しているとは思うけど・・・・?

悪くない結果ではあるけれど

 連戦が続く中、アウェイで勝ち点1は悪くない結果だと思う。
 次のホームは大事。
 ダニルソンのためにも勝ち点3が欲しいですね。
 
 
 
 
 中払に顔を踏まれた西選手を見て、主審は試合を止め、西選手の方に駆け寄っていたので、彼の演技を見破れなかったのはしょうがないと思うんですよ。
 だから、あの場面は副審がきちんと状況を主審に伝えないと駄目ですね。
 もし、主審も副審も見てなかったのであれば、どうどうと胸を張ってカードを出さないという選択をすればいい。
 
 
 それにしても福岡の監督の言葉の汚いこと汚いこと。
  
 恥ずかしい。